普通のものと違う? | 妊娠線やしわに悩む人は、レストアクリームがおすすめ!

普通のものと違う?

あなたは妊娠線用のクリームと、普通のクリームの違いを理解していますか?
妊娠線を気にする人の中には、薬局で手に入るような普通のクリームを使う人もいるでしょう。
しかし妊娠線クリームであるレストアクリームと、一般的にすぐ手に入る普通のクリームでは似ているようで全然違います。
もちろん普通の保湿クリームであれば人によってはレストアクリームの代用として使うことができます。
ただし妊娠線の状態次第ではまったく歯が立たないので、どうせクリームを買うならレストアクリームを買った方がいいでしょう。

まず妊娠線用のクリームというのは、要するに保湿クリームです。
となると市販されている普通の保湿クリームと同じだろうと思いますよね。
しかし厳密にいうと、スキンケアの保湿と妊娠線を予防するための保湿では根本的な目的が異なります。
一般的なスキンケア商品というのは、表皮が乾燥しないようにするために保湿することを目的としています。
つまりそこまで浸透性にはこだわっていないわけです。
一方で妊娠線用に作られている保湿クリームについては、浸透力がかなり重視され作られています。
妊娠線というのは皮下組織の亀裂や断裂といったものなので、表皮の感想だけではなく真皮層にあるコラーゲンの繊維を保湿することが重要になります。
となってくると、市販されている普通の保湿クリームでは妊娠線を予防する上でまったく効果が足りないわけです。
だからこそ妊娠線の場合は、レストアクリームのような専用のクリームを使わなければいけません。

すでに妊娠線がひどい人は、必ずレストアクリームを選んで使うようにしましょう。